短納期システムでもうバックヤードを気にする必要はありません

home 製品情報 オーダー&見積り アドバンテージ support contact sitemap
◇ アドバンテージ
├ 版下デザイン
├ 小ロットプリント
├ 短納期システム
├ デジタルプリント
├ 版保管システム
└ 分納システム
紙袋印刷のプロ集団【マーク株式会社】
短納期システム
しまった!もう在庫がない!
欲しい時に欲しいだけ

今すぐ欲しいのに仕上がりは1ヶ月先・・・そんな経験はありませんか?

その原因は印刷工程の過密スケジュールです。

当社では専門印刷工場により早く・高品質な製品を常にご提供致しております。

これにより、お客様は今週の消費量さえ計算すればOKです。
またモデルチェンジの際や季節毎のイメージチェンジにも慌てることはありません。

すぐに印刷できない?
通常、印刷工場では出版など大量の印刷スケジュールが組まれており、急ぎの印刷はその隙間に行われます。 その場合、ほとんど注意を払われないまま仕上がっていくため、「どこかおかしい仕上がり」になりがちです。 当社では最終イメージをデジタルで確認することにより「思い通りの仕上がり」をお約束します。

ご注文後、10日間でお届けします。勿論、クオリティーには自信があります。

その秘密の1つは、画期的な版保管システム。
従来は不可能とされていた前回プリントした図柄・ロゴなどの版を保管することが出来ます。

これにより、リピートオーダの際の再版料は不要となり
トータル費用もぐっと安く対応できるようになりました。

版を保管するとは
印刷には様々な工程を経て製造された版を使用し、一気に印刷してしまします。 そのため一度使用された版は通常、再利用できず破棄されてしまいます。 当社では版の製造工程から見直し、一度使用した版を特殊な方法により安定化して保存する版保管システムを開発しました。 これにより異なるサイズのオーダや再発注の際にも版代が不要となりました。
最短納期10日間とは
リピートオーダなら10営業日以内にお届けいたします。 つまり1度作ってしまえば、在庫やコストの心配はなくなります。 また小ロット印刷により原反色やサイズを変えて印刷することで様々なバリエーションをそろえることが出来ます。

まとまった数量が見込める時コスト面を追求していくと、大ロットで作ってしまいたい場合も存在します。
そんな時に特に問題になるのが、在庫スペースです。

当社では、拠点倉庫からお客様のご指定の場所に、
すこしずつ出荷することが可能です。

心配をなくす=コストカット
倉庫内のお客様の袋は湿気や温度などから劣化を起こさないように管理され、指示があれば速やかに必要分だけ出荷されます。 ”在庫切れなどの心配をなくすこと”=コストカットにつながります。
Copyright ©2003-2016 MACH Co,.ltd. All right reserved.