究極の色合わせを実現します

home 製品情報 オーダー&見積り アドバンテージ support contact sitemap
◇ アドバンテージ
├ 版下デザイン
├ 小ロットプリント
├ 短納期システム
├ デジタルプリント
├ 版保管システム
└ 分納システム
紙袋印刷のプロ集団【マーク株式会社】
Brands up new
デジタルプリント、究極の色合わせ
ポリ袋の印刷色

色合わせ デザイン袋で最も難しいのが、この印刷色です。
原反色と印刷色の取り合わせによっては思い通りの発色を得られないことがあり、その場合は、事前にご相談させていただくことになります。

例えば、黄色の原反に青色で印刷すると、結果として印刷色は緑色に見えます。

当社では印刷工程を完全デジタル化し、
事前に印刷イメージが確認できるようになりました。
お客様に仕上がりイメージをご呈示することで、仕上がりミスや配色エラーなどトラブルの解消となります。

プリントインクの限界
インクには様々な種類があり、例えば赤といっても様々な色があります。 そこに原反の色が加われば、仕上がりを判断することは至難の業でした。 当社ではプリプリントをデジタルで確認することで、仕上がりと元イメージをきわめて近い状態に持っていきます。
デザインイメージの確認

確認作業 デザインの確認は
メールにて画像を送付し
細部までご確認頂けます。
又、Illustratorのデータでの
ご確認も可能です。



印刷の色や配置、文字のプロポーションなどお客様が納得されるまで修正・確認を繰り返すことが出来ます。

様々な色の規格
実は色違いが発生するもう1つの原因は、混在する色の規格です。 インク・カラー出力から色データ・ディスプレイの色発色にもそれぞれ別の規格があり、 ディスプレイ上では発色していても印刷できなかったりその逆もあります。 多くの印刷現場ではこれを理解していない場合や設定が不十分であるために、 仕上がり色が違うなど問題が起こる原因となっています。
Copyright ©2003-2016 MACH Co,.ltd. All right reserved.